急いでプロに相談

スマホトイレは毎日使うものですし、使用しないで何日も過ごせるものではありません。それで万が一いきなりトイレがつまったりした場合はなるべくプロの業者を呼んできちんと対応してもらいましょう。場合によっては本当にしっかりとした修理や交換が必要になってくる場合があるからです。最近では多くの水道関係業者がコールセンターを設置していますので緊急の連絡もしやすいですし、365日24時間出動してくれるサービスも多いので夜中のトラブルでも頼りになります。費用に関しては業者によっても状況によってもさまざまですが、単純なつまり解消の作業であれば1万円以下の料金のところもあるようです。

深夜の出動などは追加料金がかかる場合もありますが、緊急事態なのでそうした出費も致し方ないと考えたほうが良いでしょう。一人暮らしの女性などは修理とはいえ深夜に男性が来るというのは不安もあるかもしれません。最近では女性の作業員が活躍している業者も増えてきているようで、女性作業員を依頼することができるところもあるようです。まずはコールセンターに電話して確認したり、普段から女性作業員を頼める水道業者を調べておいたりするのも良いでしょう。トイレつまり問題はなるべく迅速にプロの業者に連絡しましょう。

参考:トイレ つまり
(トイレトラブル対応の業者サイトです。)

つまりを予防しよう

トイレットペーパートイレつまりの最大の予防は正しいトイレの使い方を知り、便とトイレットペーパーと水以外のものを流さないように気をつけることです。単純にそれだけでかなりの問題が解決するのですが、それ以外にも定期的な掃除というのも大事になってきます。普段から清潔にして余分なつまりが溜まらないようにすることで、最悪の事態を避けることができるはずです。ちなみにやりがちなこととして「トイレに流せます」と書かれている商品やペーパーなどでもやはりティッシュペーパーと同じ理由で、トイレットペーパーほど水に溶けるものではないので、大量に流すようなことがあるとつまりの原因になりえますので注意しましょう。

とはいえ実際にトイレがつまってしまうとかなり焦ると思います。そんな時は冷静に対処しましょう。自分自身で解決できるやり方としてつまりを取る方法がありますが、ワイヤーなどの道具でつまりを取ったりとなかなか難しそうな方法ばかりです。水を一気に流してつまりを解消するという方法を採る人もいますが、この方法だとつまりがひどかった場合、ますます水が溢れてきてしまうという最悪な状態になってしまいます。特別な理由がなければ自分でやるよりも業者を呼んだほうが賢明でしょう

トイレのつまりに要注意

最近ではトイレにもスマホを持っていく人が多いですが、誤ってスマホを便器に落としてしまう人もいるようです。スマホの水没もかなり気持ちがヘコむものですが、トイレの方も心配です。というのもスマホに限らずトイレにトイレットペーパー以外のものを流してしまうとトイレのつまりの原因になるからです。よくお店のトイレなどでトイレットペーパーの物以外を流さないように注意書きがあることを考えると、結構そうした事例が多いのかもしれません。例えばペンやメガネ、他にもライターやタオルなどが誤って流されてしまったというケースもあるようです。家庭だと子どもがおもちゃを流してしまったなんてケースもあり、トイレのつまりの原因にもなりえます。

ティッシュペーパートイレのつまりの意外な落とし穴としては、ティッシュペーパーです。なぜ同じペーパーなのでトイレットペーパーは流して良くてティッシュペーパーはダメなんだと不思議に思っている方も多いでしょうが、トイレットペーパーとティッシュペーパーでは根本的に作りが違っていて、ティッシュペーパーのほうが長く細い繊維で編み込む感じで作られており、水に溶けにくい物になっています。そのためティッシュペーパーをたくさんトイレに流してしまうとトイレのつまりの原因になるというわけです。他にもペットの糞も人間の便とは違って溶けにくく、毛もたくさん混じっているため、徐々にトイレのつまりの原因になるのでペットの糞は普通のゴミとして始末するようにしましょう。